中野区 自主開催 男の料理教室 交流会

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nakano-koenji.areablog.jp/otoko-no-ryouri

 10月2日の男の料理教室実習会



  今月の調理実習会は、清永会員ご指導の下蕎麦打ちを

  実習したいと思います



   



  今回は、打ちあがった蕎麦を天婦羅蕎麦にして


  戴きます


  尚、自家製麺液を作るというレシピを清永氏から


  戴いたのですが、事前下拵え等時間内に仕上げる


  のは難しいので、今回は市販の麺液で戴くことに


  自家製麺液のレシピは、下に記載しておきますので


  ご自宅で挑戦してみてください


  ※ 自家製麺液のレシピ


   「麺液」とは、醤油を主体とした「かえし」と


   カツオの削り節・いりこを主体にした「出汁」 


   を、適当な比率で合わせたものです


   「かえし」は、つゆの辛さを決め、「だし汁」は


   液の旨味と香りを決めます



  「かえし(本がえし)」のレシピ


   「材料」 1,000cc 用 

    

      ・ 味醂       100cc

      ・ 日本酒      40cc

      ・ 砂糖       60g

      ・ 醤油       760cc


   作り方


   @ 味醂と日本酒を鍋に入れる 料が少ないので弱火で

     じっくり温め、表面に細かい泡が出たら砂糖を加える

   A 弱火のまま煮立てないようによく混ぜ砂糖を完全に

     溶かす


   B 醤油を加え、絶対に沸騰させないように弱火でかき

     混ぜながら温め続け、表面に小さな泡が浮き出たら

     火止める


   ※ 「本がえし」は、加熱して作るため、4つの材料が

     良く馴染んでいるので、寝かせないで直ぐ使えます


   「出し汁」


   「材料」1,000cc 用


      ・ 昆布       6g

      ・ 干し椎茸     8g

      ・ カツオ削り節   25g

      ・ 水        1,300cc


   「作り方」


   @ 昆布と干し椎茸を1,200ccの水の中に入れ、

     8時間以上浸しておく


   A 浸してできた汁の昆布は鍋に移し、火にかけ加熱

     する、昆布は、沸騰する直前に取り出し、椎茸は

     そのまま


   B 火を弱めてカツオ削り節を一気に加え10分ほど煮る

     (沸騰させない)


   C 10分経ったら濾し布で濾す 常温で冷まして冷蔵庫へ


   「かえしと出汁の割合」


   かえし:出汁 2:5 (40cc : 100cc)で麺汁の

   出き上がり


   では、会場でまたお目にかかります





     

  

    

     


    

 


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nakano-koenji.areablog.jp/blog/1000070865/p11785326c.html
定例料理実習会 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
11月定例調理実習
2018年10月 男の料理教室実習会レシピ
男の料理教室 9月調理自習会
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
爺の料理交流会イメージ
爺の料理交流会
プロフィール公開中 プロフィール
中野区主催の男の料理教室が突如廃止に、残された参加者達が集まって自主開催を決め、月1回の料理教室を継続、もうすぐ1年に会員間の交流の場の一環としてこのブログを立ち上げました。
アイコンのチラシ寿司画像は、今年3月定例会のメインの完成品です。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 2 66130
コメント 0 34
お気に入り 0 2

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック